〒279-0004 千葉県浦安市猫実2-13-26
MENU

ブログ

内科・脳神経外科・糖尿病内科・腎臓内科の
浦安やなぎ通り診療所

〜それは、群発頭痛です〜「毎年この時期に、目の奥がえぐられるような痛みが、1ヶ月ぐらい続きます」


30代の男性が頭痛を主訴に来院されました。

「毎年この時期に、目の奥がえぐられるような痛みが、1ヶ月ぐらい続きます。その痛みは強烈で、落ち着かなくなります。普通の鎮痛剤を内服しても改善しません。でも痛くない時は、全く痛みを感じません」

おそらく、群発頭痛と考えられました。

 

群発頭痛の特徴は、

  • 痛みの発作は、群発して発現する
  • 15〜180分持続する
  • 群発期は、数週から数ヶ月間続く
  • 群発期の間の寛解期は、数ヶ月から数年続く
  • 眼窩部、眼窩上部、側頭部のいずれか1ヶ所以上の痛み
  • 頭痛と同側の結膜充血、流涙、鼻閉、鼻漏、発汗、縮瞳、眼瞼下垂、眼瞼浮腫、落ち着きのなさや興奮した様子
  • 多くの患者は横になることができず、歩き回る
  • 単一の群発期中は、痛みは通常、同側に繰り返される

などです。

 

大まかな特徴として、7つの1があるとも言われています。

1年に1周期1ヶ月間程度、

11回午前中に1時間程度の痛みが、

1側の目の奥がえぐられるように、ひどく痛む

 

治療として頭痛発作時は、

片頭痛の時に使われるトリプタン製剤の注射や点鼻、そして酸素(フェイスマスク側管より 7ℓ/分で15分間)など効果があります。

 

予防としては、

血管を広げる薬やステロイドの内服が使用されます。

また、群発期の飲酒は、頭痛発作を誘発すると言われており、禁酒すべきです。

 

このような痛みに、困っている方は、当院「浦安やなぎ通り診療所」までご相談ください。一緒に良い治療方法を探していきましょう。

 

参考資料:
頭痛診療ハンドブック 中外医学社
頭痛診療Update 一次性頭痛 神経治療 2018

ブログ:
群発頭痛の発作時に対するスマトリプタンの皮下注射