〒279-0004 千葉県浦安市猫実2-13-26
MENU

ブログ

内科・脳神経外科・糖尿病内科・腎臓内科の
浦安やなぎ通り診療所

薬剤誘発性高血圧 −あなたの高血圧、薬が原因かもしれません−

60代の女性の方が、血圧上昇と、顔のほてりを主訴に来院されました。 高血圧に対して、血圧を下げる薬を内服していますが、コントロールは良好でした。 血圧が高い原因を探るため、お話を聞くと、肩の痛みが悪化したので、数日前に整形外科でステロイドの注射を打ってもらったとのことでした。 他に要因がないため、このステロイド注射によるナトリウム、及び水貯留作用により血圧が上昇した可能性が高いと考えられました。...

スポーツドリンク、経口補水液の飲み過ぎに注意!!

運動時に飲むスポーツドリンクは、糖分も塩分も補給できるため、熱中症対策でも推奨されます。 (商品で若干異なりますが)市販されている500mlのペットボトル内には、実はおおよそ角砂糖が6から7個程度含まれています。 糖尿病の方が頻繁に飲むと血糖コントロールの不良につながりますし、健康な方が大量に長期間飲むと糖尿病を発症する恐れがあります。 また、塩分は500ml中0.5gから0.6g含まれています。...

急性腎障害(AKI:Acute Kidney Injury)

急性の経過で起こる腎機能障害のことです。 その定義として、 血清クレアチニンが、48時間以内に0.3 mg/dL以上の上昇 血清クレアチニンの基礎値から、7日以内に1.5倍以上の増加 尿量0.5 mL/体重Kg/時以下が6時間以上持続 とされ、 以上のうち、一つを満たせばAKIと診断します。   その原因として ①腎臓を流れる血流(腎灌流量)の低下 ②急性糸球体腎炎、血管炎、間質性腎...

慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)

慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)とは、腎障害が慢性的に持続する病態です。 原因疾患として、糖尿病性腎症、糸球体疾患、腎硬化症、多発性嚢胞腎などがあります。 糸球体濾過量(GFR:glomerular filtration rate)と尿蛋白量から重症度を決定し、ステージにあった治療をすることで、心血管疾患の発症や末期腎不全への移行を抑制します。   何が...

スライド 糖尿病性腎症(糖尿病の合併症)

糖尿病の慢性合併症の一つである「糖尿病性腎症」についてのスライドです。 高血糖の持続により腎障害が起きること、合併症により生活の質(QOL)が低下してしまうこと、透析導入の原因として増加していること、など、 以上から、腎症の発症と予防がとても重要な課題です。 スライドのまとめ: 血管合併症の発症・進行抑制ならびに生命予後改善のためには、早期発見とともに、適切な体重管理を含む生活習慣の修正、ならび...

腎硬化症・腎血管性高血圧

■腎硬化症 高血圧(本態性高血圧症)に一定期間以上曝露されることにより生じる、腎臓内の動脈硬化性血管病変(小動脈の内膜肥厚と細動脈の硝子化)に基づく腎障害の総称です。確定診断は、腎生検にて輸入細動脈の硝子様変化や糸球体硬化などの確認によりますが、実際には長期にわたる高血圧の既往があり、高血圧性網膜症、心肥大、両側腎萎縮(腹部CT、エコーなどの画像検査による)などの高血圧に付随する臓器障害により臨床...

足や体のむくみ

むくみの原因として、心臓の病気(心不全など)、腎臓の病気(ネフローゼ症候群、腎機能障害など)、肝臓の病気(肝硬変など)、甲状腺の病気(甲状腺機能低下症)、リンパ流のうっ帯、足の静脈に血栓ができる病気(深部静脈血栓)、薬剤(血圧を下げるクスリ、痛み止め、ステロイド薬など)の影響、栄養状態の不良などが考えられます。 両側性や全身性であれば心臓・腎臓・肝臓・甲状腺・薬剤などが原因として考えられますし、片...

蛋白尿・血尿

蛋白尿を認めた方 1.検尿の目的 腎疾患、特に糸球体疾患(糸球体腎炎)の早期発見のため   2.蛋白尿陽性の場合 3ヶ月の間に2、3回尿検査を繰り返します 尿蛋白陽性が反復する場合、尿蛋白の定量検査を行います さらに、血液生化学検査、腹部CTや腎臓・膀胱エコーなどを行います   3.蛋白尿の種類 ①生理的蛋白尿 発熱、運動、入浴、起立性、精神的ストレス、タンパク質の過剰摂取など...

高血圧

高血圧 高血圧が持続すると、血管の動脈硬化が進行し、脳や心臓のなどの血管障害をはじめとした動脈硬化性疾患のリスクになります。 高血圧治療ガイドライン2019では、高血圧の基準について従来の140/90mmHg以上とする一方、降圧目標は、75歳未満では130/80mmHg未満、75歳以上では140/90mmHg未満とし、75歳以上で降圧目標が異なる他疾患合併時には、忍容性があれば130/80mmHg...

街のかかりつけ医

かかりつけ医を選ぶポイント、かかりつけ医と大病院の役割について   かかりつけ医とは? 日本医師会では、「何でも相談できるうえ、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師」と説明しています。   当院は、「街のかかりつけ医」として、機能していくことを目標としています。   ...