〒279-0004 千葉県浦安市猫実2-13-26

ブログ

内科・脳神経外科・糖尿病内科・腎臓内科の
浦安やなぎ通り診療所

手足がしびれる、手足の力が入りにくい


突然の手足のしびれや力が急に入りにくくなる場合には、脳血管障害が原因と考えられます。

脳血管障害の場合、ほとんどが半身の症状として出現します。喋りにくくなったり、言葉が出にくくなったりする場合もあります。

脳出血やくも膜下出血の場合には、頭痛や悪心、嘔吐、意識障害なども呈します。

脳出血・くも膜下出血脳梗塞・一過性脳虚血発作のページも参考にしてください。

 

顔を含まない症状の場合には、脊椎疾患や末梢神経障害の可能性もあります。

 

当院では、頭部CT検査が可能です。

脳梗塞急性期の頭部CTは、病変を指摘できない場合があり、脳MR検査ができる医療機関へ紹介させていただく場合があります。

意識障害や症状が重篤な場合には、救急医療機関への受診をお勧めします。

脳梗塞の場合、発症後すぐに医療機関を受診し、発症から4.5時間以内であれば、血栓溶解療法(t-PA療法)やそれ以降でも血栓回収療法(血管内手術)が可能な場合があります。

これらの治療により、症状が劇的に改善する症例があります。

 

「手足のしびれ」、「手足の力が入りにくい」、「顔の動きが悪い」、「言葉が喋りにくい」などの症状が突然出現した場合は、脳血管障害の可能性があるため、すぐに医療機関を受診しましょう。